神本です。

 

前回は記事を書く前の情報収集について
解説しました。

 

トレンドアフィリエイトの記事ネタの収集方法

 

 

ネタさえしっかり集めてしまえば

少なくても

 

『記事が全然書けない!』

 

てことはなくなります。

記事を書くこと自体は結構簡単ですからね。

 

そしてネタ集めは何も考える必要はありません。
ただ、集めてメモ帳などにコピペしていくだけでしたね。

 

 

ここを繰り返して慣れてくれば
記事を書く効率も上がっていくということです。

なので、まずはしっかりネタ集めを実践していきましょう。

 

ところで前回は、ネタを集める際に

 

「ブロック」

 

を意識することもお伝えしました。

 

neta01

こういうイメージでしたが。

ブロックというのはサブタイトルみたいなもの。
見出しでしたね。

 

 

記事を書く際にはブロックを意識する

書籍の目次をイメージすれば
第○章の中に、さらに小見出しがありますね。

 

その章の大タイトルを補足したり
深く解説したり。

 

そのように分けることで、読む人にわかりやすく伝わるし
記事を書く際も、ブロックごとに書いていくので
書きやすくなります。

 

 

検索エンジンに記事が評価されて
上位表示される基準に

 

・記事やブログの滞在時間

 

があります。

 

いかにその記事をしっかりと訪問者さんが読んでくれたか?

という基準です。

 

なので、記事を書きながら内容自体も練習して
うまくなっていく必要がありますが文章の上手い下手というよりも
それは、ネタを上手くまとめているか?

ということだけだったりします。

 

 

記事を書けないという人の多くは

記事の書き方そのものよりも
内容自体を書けなくて困っていることが多いです。

 

 

そのためには、検索上位のブログを読んで
ネタを拾って集めてくっつけていくことを
いかに効率よくできるようになるか?

 

このスキルが最初のポイントになってきますね。

 

 

ブロックの見出しは

H3タグを使って記述します。

 

kiji01

このような感じです。

 

ちなみにこの記事の見出しもH3タグを使って
記述していますね。

 

 

ブロックごとに記事をまとめていく

ネタが集まっていて、見出しが作れたら
後はブロックごとに記事をまとめていくことになります。

 

メモ帳にコピペした内容を見ながら
あなたの言葉でリライトしていくようにしてください。

 

 

言葉を少し変えただけのリライトや
言葉の順番を変えるだけでなく

いったんあなたの頭に入れて
人に話すことをイメージして書いていくのがコツです。

 

 

後は、そのネタに関してあなたなりの感想や
考えをはさめば、オリジナルの記事に仕上がっていきます。

 

 

ごちゃまぜのトレンドネタなどは
このような流れで十分ボリュームのある記事を書けるでしょう。

 

わからなければ、他の記事や

 

ソネットブログランキング

 

の記事などを参考にしてみてください。

 

 

とにかく記事が書けない原因は

・ネタをしっかり収集していない

ということです。

 

これは、ライバルサイトを見れば解消されます。

 

どうしても記事が書きたくないという日は
キーワードに関して記事ネタだけでもどんどん収集していきましょう。

 

書けない理由は、情報をインプットしないからです^^

 

 

キーワードを散りばめる

記事を書く際にもう一つ意識してほしいことが

虫眼鏡キーワードを散りばめるということです。

 

検索エンジンはある程度自然に
記事内に虫眼鏡キーワードが含まれていると

その記事がキーワードに対して関連性が高い

と判断して上位表示すると言われています。

 

なので、不自然にならない程度で入れていくようにしましょう。

 

「それ」「あれ」のような指示語だったり

見出しにキーワードを入れられるようであれば入れていく

と意識するだけで十分です。